no-image

敏感肌用全身美容液『潤静(うるしずく)」に関して詳しい詳細

低刺激高保湿ローションの潤静とは?

潤静は、赤ちゃんから大人までという形で製品化されている、ローションになります。これは、低刺激という事を売り文句にしている通り、敏感肌への対応として、赤ちゃんにまで使用できるという意味です。その天然由来の保護成分に関しては秀逸で、さまざまな良いものを配合しています。

その天然由来のものの成分は、確かな効果をもたらし、科学的にも実証された製品です。
潤静の謳いは、高刺激性のローションが、赤ちゃんを含めた、敏感肌に対応していない事を、避けどころとして、利用してください、というキャッチコピーになっています。
潤い保護成分としての、肌への科学的見解が、天然成分を多く利用したその配合性に、優秀な効果をもたらすローションが誕生してます。

 

潤静はアトピーでも使えることができるのか

潤静は、アトピー肌に使用できるかについては、それが、医薬品ではない事がポイントになっています。つまり、医療系のローションではなく、あくまで市販品だという事です。

なので、いわゆる効果があるという表現はしないようです。

ただし、それに近い表現と、そのローションの特質があるため、はだの発疹とうは、手当ての仕方では、消える用です。

→ 勘違いしないで!潤静はアトピーが治る美容液ではありません

 

その肌への塗り方も、局所タイプであったりして、専用の塗り方・方法があるのです。

べったり、広域に塗布する方法と、局所への展開と、利用法に関しても、潤静の特設テキストで、参照するとよいでしょう。
また、アトピーに関して言えば、実際は、医療機関との共同での、治癒が望ましいことであるので、家庭内でのスキンケアローションに潤静をご一緒にという表現で確かだと思われます。
つまり、ひごろのスキンケアを子供の視点に立って、という意味で、子供から望まれる商品であるという意味です。

その結果は、子供自身・赤ちゃんのほうから、実感としてわいてくるものなので、実際、お母さんの方から、そのてき面について、評価を聞くとよいでしょう。

→ 潤静はアトピー肌に合う完全無添加の美容液

 

赤ちゃんにも安心して潤静が使える理由とは

赤ちゃんに対しても、潤静が使用できるかどうかは、赤ちゃん肌と大人肌がどのように違っているのかと、考える事から始まります。

赤ちゃん肌は、実際、皮膚の層としても、敏感な性質としても、大人用のものを使ってはならないのです。
これは、ベビー用品全般に言える事なのですが、過度な添加物の多い、大人用は、赤ちゃんの肌にとってみれば大敵であるのです。
ですが、静潤は、天然成分としてもやさしい配合となっていて、要所要所に、その肌に良い成分としての哲学があります。

なので、本来の天然由来の良い成分をぎゅっと凝縮したかたちで、製品化されています。

天然の成分に関して言えば、その特設ページを見ればわかるとおもいますが、セラミドと言う、保湿成分に関しても、すばらしい研究結果があります。
セラミドと言えば、肌の再生能力に補助として付加されるとよいと言われる、成分ですが、その他の天然成分と一緒になると、このような秀逸な製品になります。