何が原因?なぜ子供の肌は乾燥してしまうのか??

何が原因?なぜ子供の肌は乾燥してしまうのか??

どうして子供の肌は乾燥しやすくて、こんなにデリケートなのか?

▼こちらの記事もオススメです

→ 乾燥肌が気になる人こそ保湿美容液の利用がおすすめ

 

子供の肌が乾燥しやすい3つの理由・原因

子供の皮膚は薄い

まだ成長途中である、子どもの皮膚はとても薄くてデリケート。

そのため、刺激や乾燥などの影響を受けやすいのです。

子供の皮膚は角質層が薄く皮脂の分泌量も安定していない事から、

皮膚のバリア機能も未熟なままです。

バリア機能とは、外部からの異物の侵入や攻撃を防いだり、人の体に欠かせない水分を閉じ込めておく働きがあるため、この機能が未発達である子供の肌は弱く、外からの刺激にも敏感になります。

 

子供の肌は乾燥しやすい

生後2〜3ヶ月経つと、肌表面を覆っていた皮脂が減少し、乾燥しやすい状態になります。

幼児期から10歳くらいまでの子供に乾燥肌の症状が多く見られますが、これには子供の皮膚の分泌量の少なさが影響している事が第一に挙げられます。

 

子供はとにかく汗っかき

小さい体にも、大人とほぼ同じ数の汗腺が存在します。汗が刺激になって肌荒れになる事も。

子供は活発なため、季節を問わず常に汗をかいています。

汗をかいたらすぐにシャワーやタオルでキレイにしたいと思いますよね?

でも、こうした対策が、必要以上に皮膚から皮膚を落としてしまい、刺激に対して弱くなったり角質層の水分が蒸散するなどの悪循環から乾燥肌へと繋がっていくのです。

→ ゴワゴワ、ガサガサ肌に困っている人はぜひ潤静を使ってみよう

 

乾燥の原因!子供がかきむしり肌を引き起こすNG行為

長湯や洗いすぎはダメ

刺激の強いボディーソープは、子供の肌から皮膚を余分に流してしまいます。湯船に長く浸かると肌の乾燥は進みます。肌トラブルがある時は長湯は避けたほうが良さそうです。

爪を伸ばすのはダメ

乾燥などでかゆみが出ると、ついつい爪がかいてしまうのが子供です。

ですが、爪がかきむしる事で、皮膚に傷ができ、肌バリアの機能を低下させる恐れもあるのです。

手洗い後の自然乾燥はダメ

1日に何度も手を洗うことで潤い成分が逃げてしまいます。

手を洗ったあとはハンカチでしっかりと水分を拭き取り、潤い成分を蒸発させないようにする事が大切です。

うつぶせ癖はダメ

ラグやマットの上でうつぶせ寝をすると、顔に繊維やハウスダストが付いたり、口から雑菌が入り込む可能性があります。肌がかぶれたり、雑菌により免疫力が下がることで肌荒れにつながるケースがあります。

このように乾燥の原因はたくさんあります。潤静はこんな肌の悩みを持っている人に使ってほしいでも書いていますが肌が弱い人に向けて作られたローションになるので、アトピー肌や敏感肌の人にぜひオススメしたい美容液です。

→ 潤静はこんな肌の悩みを持っている人に使ってほしい

 

子供の肌は潤いを守る力が弱いです

子供のデリケートな肌にスキンけはとても大切。

そんな敏感肌の子供のためだけに作られた美容液が『潤静』です。

具体的な効果や成分は潤静は本当に効果があるの?気になる本当の評判や口コミを徹底調査の記事を読んでみて下さい。